スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
相続人からの過払い請求その5
相続人からの過払い請求その5

「あとはどうしたらいいですか?」
「まずは、新たにわかった相続人のDさん、Gさん、Hさんに今回の権利の相続人であることを伝えて、その権利を承継(うけつぐ)するか放棄するか意思の確認をしましょう。」
全員が権利を取得すると相続分はどうなりますか?」「法定相続分で言うとお母さまのJさんが6/12、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Gさん、Hさんがそれぞれ1/12となります。」

「もし、Dさんとかに連絡がつかなかったりするとどうなりますか?」「例えば、Dさんが居場所がわからない場合、住民票上の住所に存在していない場合、従来の住所、居所(住所ではないが居住している場所、例単身赴任者等の一時的な居住地等)を去り容易に戻る見込みがない者(法律上、不在者という。民法25条)であれば、「不在者の財産管理人」という管理者を利害関係人や検察官から家庭裁判所に選任するよう申し立てる事ができます。その管理人をDさんの権利を行使できますから、その管理人に相続の件を確認することになります。」
「Dさんとかに連絡取りたい場合は、戸籍の住所に連絡するのですか?」
「戸籍謄本の本籍地は行政(市区町村)上の所在地の表記とは異なるので、住民票の住所を見ないといけません。」「住民票上の住所はどうやって調べるのですか?」「それは戸籍の附表をとれば、そこに住民票の住所の記載があります」

その後、

「なんとか苦労して連絡取れました。Dさんは(相続分を)放棄するって言いました。Gさん、Hさんは相続するって言いました。」
「それでは、Dさんの権利の放棄の書面を作ってもらってもいいですが、相続人全員で遺産分割協議したうえで、『遺産分割協議書』を作成してもいいです。」「Gさんは北海道、Hさんは鹿児島、Dさんは長崎に住んでるのですが・・・」
「一同に会さなくても書面をまわしてもいいですから」
「遺産分割協議書ってどんなこと記載しなくちゃいけないのですか?」
必要なことは、①遺産を特定(具体的に○○の権利、もしくは現金○円、○○の土地等のように表す)②被相続人の記載(亡くなった方)③相続人全員が協議に参加していること④相続人の取り分等を記載しなければいけないですね」「?・・・・・・」

スポンサーサイト
[2012/06/30 19:15 ] | 過払い請求 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<相続人からの過払い請求その6 | ホーム | 相続人からの過払い請求その4>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirofxj.blog11.fc2.com/tb.php/64-113da103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。