スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
相続人からの過払い請求その1
相続人からの過払い請求その1
本日から複数回に分けて事務所受任事件の中から債務整理の事例を
説明しながらお送りします。
お客さんからの電話
「すいません、ちょっと聞きたいんですけど
亡くなった父が、消費者金融からお金を借りてたみたいなんですけど、これって過払い請求できるんですか?」「勿論できますよ。少し詳しく話してください。お父様が最後にお取引をした時期はわかりますか?」
「ちょっとわかりません。相手の業者も正確にはわからないんです。」
「お亡くなりになったのはいつですか?」「亡くなったのは5年ほど前です。」
「最終取引日から10年以内であれば原則請求できます。」(最終取引日から10年経過すると法的に消滅時効が完成してしまい、請求する権利が無くなってしまう)
「面談して詳しくご相談にのります。」
(その後、上記の依頼人から委任を受けた。)
「相手方が正確にわからないんですけど。」
「やみくもに受任通知(貸金業者に特定の依頼者から債務整理を委任されたことを通知する書面、受任通知が業者に到達すると業者は貸金の請求を本人に対して行うことはできなくなる)司法書士が債務整理を発送するわけにもいかないんで、何か業者がわかるような書面資料とか残ってないですか?」
「書面は全く残ってなくて、ただ、大手の業者で有名な会社です」
「唯一わかっていたのが武○○なんですけど、こちらは、TV見て自分で直接連絡しました」
「ア○○ですか?」「違います」「プ○○スですか?」「あ、そうです。」
「あと、私が電話を受けた会社で信販会社なんですけど」・・・
だいたいのやりとりで、ある程度貸金業者は特定できた。
後は受任通知発送だ。(続く)

スポンサーサイト
[2012/01/21 09:19 ] | 債務整理 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<相続人からの過払い請求2 | ホーム | 最高裁平成21年7月10日判例の影響その4>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hirofxj.blog11.fc2.com/tb.php/60-13953e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。