スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
消滅時効Q&A第3回補足
みなさん こんにちは

消滅時効Q&A第3回について、「10年間は時効が完成しないのはわかったけど、何故、そうなるんだ?
改めて時効を主張すれば、その時点で借金は消えないのか?」
「和解したって、時効が完成してるんだから、中断にはならないのじゃないの?」と質問が寄せられました。
前回、いささか説明不足があり、わかりづらくてすいません。

前回の補足として、もっとわかりやすく、補足文章を付け加えました。
重複する部分はすいません





消滅時効が完成していることを知らないで、消滅時効の効力を妨げる行為をやってしまった場合、消滅時効の制度も知らない、ましてや消滅時効が完成していることも知らない、そして自分の行為が消滅時効の完成している効力を否定することも知らず、その行為をやってしまう。
そのような場合救済措置はないのでしょうか?
結論から言うとなかなか厳しいといわざるをえません。

消滅時効の基本的な知識を説明した上で、詳しくお話します。
消滅時効とは一定期間、権利が行使されないと権利が消滅する民法で定められている制度です


   貸金業者から借入をし、最後に返済したとき又は最後に借入をしたとき
   (どちらか遅いときから)5年以上経過 した場合は消滅時効が完成してい
   る可能性があります。
 
    最後の返済又は最後の借入から5年以上経過していて、その間に
   「時効の中断」となるような事実がない限り、 消滅時効が完成するこ
    とになります。
    「時効の中断」とは訴訟を提起されたり、自分が債務を承認(借入のある
    ことを認めること)したり、(残額の一部を弁済したりすることも承認となり
    ます)強 制執行(差押) されたりすることになります。
   もし、5年以上借入も返済もしていない場合で、貸金業者から、請求され
   たり、 訴訟を提起されたりした場合は、お気軽に当事務所にご相談くだ
   さい。

Q
 私は、借り入れ又は返済の遅い時期から5年以上経過した後に裁判を起こされました。

 そのときは、消滅時効のことを知らなかったので、相手側の請求を認めて分割で支払う旨の裁判上の和解を締結しました。

 今から消滅時効の完成を主張することはできませんか?
    


私に過去依頼をされた方で、質問のような事例は多くありました。

裁判を起こされた時点で、すぐ依頼をされた方は良かったのですが、
裁判の手続きのなかで債務を承認した後に、「裁判の途中だが、なんとかしてくれ」と頼まれてきた方もいました。

裁判を起こされたら、裁判所から「答弁書に貴方の主張を記載をして裁判所に送ってください」との通知が訴状と一緒に郵送されてきます。
その際に答弁書に債務が存在することを前提に自分のいいぶんを記載をすると「債務の承認」となってしまう可能性が高くなります。
債務の承認は、消滅時効が完成していても消滅時効の権利を放棄することと同様の結果となり、消滅時効の援用をすることはできなくなります。
(昭和41年4月20日最高裁判例)http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=57740


同様に裁判手続きで(債務が存在することを前提として)相手方と和解をすることも同様です。
裁判所に何ら書面を出さずに、「裁判手続き」についてサポートの依頼をされた方については
(私が書面を作成して)答弁書で「消滅時効の援用」の主張をして、債務の支払いの義務を免れました。

しかし、裁判手続きで既に債務の承認と判断される主張をされた方について、
「消滅時効の援用」を主張しても裁判官が時効消滅を認めることは大変困難になります。


そして、裁判所で和解をすると、和解が確定した時点から改めて消滅時効の期間が進行します。


 消滅時効の知識がなくて、相手方と訴訟上の和解をした場合でも、判決が確定した場合と同様で、確定した時点から10年の消滅時効期間が完成しないと消滅時効の主張をすることはできません(民法174条の2第1項)
例え、和解した時点で(若しくは判決が確定した時点)で消滅時効という制度があることを知らなかったとしても「あのときは消滅時効という制度があることを知らなかったから和解は無効だ」と主張しても、(法律上)認められないでしょう。 

法律の諺に「権利の上に眠る者は保護されない」というものがあります。
つまり、法律を知らなくて行為を行った者は「知らなかった」ことを理由に無効を主張できないケースが往々にしてあります。

せっかく認められている法律上の権利を行使しないで、知らないうちに放棄してしまうことのないよう、正しい知識を身につけましょう。
スポンサーサイト
[2016/08/09 22:08 ] | 債務整理 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。