スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
相続人からの過払い請求その4
相続人からの過払い請求その4

「順番はどうやればいいですか?」「まず、お亡くなりになったところの役所で生前の戸籍をとった場合、冒頭に「○年○月○日○○市役所から転籍届出」と書かれてあれば、その役所にいって戸籍を取得する、その戸籍にまた冒頭にかかれてある役所に取りに行くとさかのぼっていきます。」

その後、しばらくして・・・・
「戸籍とってきました。大変でした。父の戸籍を全部揃えると12枚になりました。」
「戸籍の様式は何度か改正されているので、現在の戸籍、改正される前の戸籍(改正原戸籍)等を集めないといけないので、1通ですまない場合が多いのです。まして、何度か本籍の転籍された方は、その都度戸籍が変わりますから更に多くなります。」
「様式が変わったといっても従前の記録は全て新しいものに移ってないんですか?」「全てが移ってないです。改正時○市に戸籍があって現時点のデータはありますが、それ以前の記録は改正前のものに載ってるので、改正後のものではわかりません」

「お父様の戸籍を見ると、現在のお母様と結婚する前に、他の方と結婚、離婚されてますね。」
「そうなんです。私もはじめて知りました」「そのときのご子息がDさん、Eさんがいらっしゃいますね。そうするとまた、Dさん、Eさんの戸籍も取らないと・・」「前妻のFさんはとらなくていいんですか?」「前妻はお父様の相続人とならないから取らなくていいです」

「とりましたよ。Dさんのと、そしてEさんは亡くなってるみたいですよ。」「どれどれ、そうですね。Eさんはご結婚してらして、ご子息がいらっしゃいますね。亡くなった日がお父様の亡くなった日より、後ですね。その後ご子息が生まれてますので、このGさん、HさんがEさんの相続人であり、お父様の(過払い請求の)権利のうちEさんの取得分を相続しています。」「Eさんの奥さんのIさんは相続人にならないのですか?」「お父様がお亡くなりになる以前に離婚しているので、相続人とはなりません」

「それでは、また、Gさん、Hさんの戸籍を取らないといけないのですね」「そうです」

「とりました。これで全相続人が出揃ったわけですね」
「お父様の戸籍の全記録を見ると・・・・そうですね。これで全員です」
(続く)
スポンサーサイト
[2012/04/28 14:39 ] | 過払い請求 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。